20160418watanabe-250x250[1]

NMB48の渡辺美優紀が、4月13日に大阪のNMB48劇場で行われた公演でグループからの卒業を発表した。

 渡辺といえば、山本彩とともに結成時からWエースとしてNMB48を牽引してきたが、今年のAKB48グループの総選挙への出馬を辞退していたことで、ファンの間ではかねてから卒業の噂が囁かれていた。

 そうした中、渡辺は同日の公演で卒業を宣言。「やっぱり同期のメンバーが、たくさん卒業していって、見渡すと本当に後輩たちがキラキラ輝いていて。次世代と呼ばれているNMBのメンバーに“今”を任せたいなと心から思いました」と卒業の理由を説明した。NMB48の関係者がこう補足する。

「渡辺は昨秋あたりから卒業を考えて、内々に関係者に相談していました。昨年末には本人も卒業を決意しており、今回の発表に至ったというわけです。理由はいろいろとあるでしょうが、本人も言っているように後輩たちが成長を遂げていく中、自身もアイドルの枠を超えた活動をしていきたいと思っているのではないでしょうか」

 NMB48といえば、渋谷凪咲や薮下柊、白間美瑠、須藤凜々花など若手メンバーの成長は著しい。その一方で、コアなファンの間ではグループ結成当時からの山本&渡辺の2大エースのイメージが強く、全国区の人気を集めるまでには至っていないのが実情だった。

「NMB48がここまで来られたのも、山本と渡辺の2大エースがいたおかげで、そのことは当然無視できませんが、渡辺が卒業した後、誰が新エースとして台頭するのかは我々運営側にとっても大きな注目です。はっきりいって、今回の渡辺の卒業宣言はピンチであると同時に、メンバーにとっては大チャンスでしょう」(前出・NHB48関係者)

“ポストみるきー”に名乗り出るのは果たして?

(しおさわ かつつね)

引用元: Asagei+

管理人評:
もし、さやみるきー級の人材が既に育っていたとしたら、
枠が開くことでその子にリソースが注がれ、その子が伸びていくことになります。

今を任せたい後輩が居るということで、みるきーは記事で名前が挙がっている後輩達に
任せられると踏んだのでしょうね。

私もみるるんは初めて見たとき 選抜級どころか 神7級 だと感じました、ので
ここでいう「全国区」のメンバーにも含まれるのではないかと思われます。
ただ、それは全国区地上派で顔を売る機会がなければ難しくもあります。

みるきーはAKBシングルのUZAでかなり目立っていましたが、
今は本店選抜は支店が増え、枠が一杯で人数も多い。
選抜入りしても目立つ機会は少ないかもしれません。
それには総選挙で結果を出して、神7入りして、更にNMBで一番になれば・・・
本店選抜でもセンターに近いフロントになれるのでしょう。